整形で切れ長の目を手に入れる方法

欧米人のようなアーモンド型の切れ長の目にしたい場合には、目頭切開だけでなく、目尻切開を行うのが効果的です。目尻切開は、簡単にいうと瞼の目尻の端の皮膚を切開して、目を外側に向かって伸ばす整形手術です。童顔の人や目尻からこめかみの面積が広い人、たれ目がちの人には特に効果的な方法です。目尻切開は、瞼の目尻を切開することで、目を外側に向かって伸ばすことができる方法で、外側の白目が切れ長の目になり、目が大きくなります。目尻が伸びることで、外側の瞼も上下に多少広がるため、柔らかい目元の印象を作ることができるのもメリットといえます。ただ、隠れている白目が1ミリほどしかない人の場合、目頭切開をしてもほとんど効果がありませんし、切開しすぎると結膜が露出してしまいますから、注意が必要です。

目頭切開手術の手術方法と効果とは

目尻切開手術を行っても、効果がなかったり、数週間するうちに元に戻ってしまったというケースもありますが、これは正しい手術が行われなかった場合に起こります。上瞼と下瞼の外側の開きを大きくするように、皮膚や結膜を切除することで、目尻が外に向かって延びるだけでなく、目尻が上下にも広がり切れ長の目元にすることが可能となります。この整形手術は、目尻の白目がたくさん隠されている人には非常に効果的な方法ですが、目尻よりも外側の白目がほとんどないような場合には、結膜が露出してしまい、不自然な目元になってしまうので注意が必要です。そのため、目頭切開手術は外科医が正しい術式と正確な手術操作以外にも、効果の有無を事前に判断する診察力を持っていることが失敗を防ぐためには重要です。

目頭切開手術のメリットとデメリット

目元の整形手術には、目頭切開手術があり、この手術をした人は、程度の差はありますが、ほぼ確実に術後の変化を実感しています。一方目尻切開手術は、あまり変化を感じないという人や、期待したほどの変化がないというケースも少なくありません。この理由は目頭自体の構造にあります。目頭側には、白目の内側にピンク色の粘膜があり、東洋人はこの部分が蒙古ひだという皮膚が作っている膜で隠れています。目頭切開は、この蒙古ひだを切開して、ピンク色の粘膜を露出させるため、大きな変化を得ることができます。一方、目尻切開は、隠されている部分が少ないため、目頭切開ほどの変化はなく、元々隠されている白目部分が少ない人もあまり効果を実感できないといえます。このように、目尻切開手術にはメリットだけでなくデメリットもありますから、事前のカウンセリングでシミュレーションすることが大事です。

韓国でも流行っている『Vライン』施術が当クリニックでも受けられます。 数々の美容外科での勤務実績。 レントゲンデータから実物大3D骨模型を作成します。 頬骨削り、エラ削り、中顔面短縮、アゴ短縮など、正面だけでなく横顔や斜めからも小顔にする美容外科手術。 正面と側面を含めて三次元的に骨格分析をおこない、輪郭とバランスのとれた目や鼻および口元の形を提案。 切れ長の目を整形したい方は専門医の診断の元で整形前後をシミュレーション