切れ長の目に整形する時の施術方法まとめ

切れ長の目の形状に美容整形をするとなりましたら、目元の切開によって変化をさせる方法があります。いくらメイクを頑張ってみても、目を大きく見せるのはメイクをした時だけであって、カラーコンタクトを外して、メイクも落としたら、小さくて細い目は健在です。しかし美容整形手術を行って、目元の幅を広くする手術をすることで、これまでの見た目の印象が、大きく変わることができます。目元はその人の顔の印象を、大きく左右するチャーミングポイントでもあります。ほんの少しだけ、目尻や目頭にメスを入れることによりまして、目元の印象が大きく変わることになります。切開での美容整形手術になるため、しばらくの間はダウンタイムがあります。それを超えてみれば、大きくて切れ長の目が仕上がることになります。

切れ長の目に整形する時の施術と目尻切開術

切れ長の目に美容整形するとしましたら、ポピュラーであるのは目尻切開術でしょう。目の横の幅を広げることができますので、涼しげでエレガントな切れ長の目元を、自然に形成する事のできる手術方法です。目頭切開術のように、蒙古ひだの切開とは違う方法で、目尻の外眼角を切開をして、骨膜固定を施して、外の方へと牽引をして幅を拡げるという手法になります。目尻を切れ長にしたい人にはぴったりでありますし、目の横の幅をワイドにしたい人にも適応します。切開法での手術になりますので、時間は約1時間ほどの美容整形になります。5日程腫れは出やすいですがそれ以降は落ち着いていきます。内出血が出た場合も、2週間ほどで収まるものですので、消滅は自然にします。また抜糸を必要とするので、それは1週間後です。

切れ長の目に整形するための目頭切開術

切れ長の目に整形する時の施術方法として、目頭切開術も施術方法のひとつになります。蒙古ひだは、日本人にはおよそ6割の人間にあるものであり、そのため目と目の距離が遠くなり、離れて見えることになります。目の横幅に関しても狭く小さくなるために、目が小さくて、つり上がったように見えてしまうのが難点です。幅広い平行となるような二重を、手に入れたい人に向いている美容手術法です。目頭切開術の美容整形を受けることによって、蒙古ひだは切除をされることになります。その処置によって、目の横幅は今までよりも広がりますし、つり上がった印象の目元は、解消をされますので、優しい印象に変わることができます。左右の目の距離が遠くて、離れていることに悩む人にとっても、解消法となる手術方法です。