整形で切れ長の目にする時の注意点

欧米人のような大きな瞳にするには、目尻切開を行うのが効果的です。目尻切開を簡単にいうと、瞼の目尻の端を切って、目を外側に向かって伸ばす手術です。たれ目や童顔の人に人気のある背術で、目尻の皮膚を数ミリあけることで、切れ長の目を作ることができます。正面を見ながら目尻の皮膚を外側に引っ張ると、白目が何ミリか隠れています。この目尻切開は、ピンク色の結膜が露出する手前まで目尻を広げていき、横に大きく変化させることができます。ほかの目元の手術は、目を縦に大きく見せる効果がありますが、目尻切開は、切れ長の目に変化するだけでなく、目尻からこめかみまでの肌表面が狭くなることで、小顔効果も期待することができます。そのため、目が顔の中央によっている人や、こめかみまでの面積が広い人に最適な治療法です。

目尻切開手術の方法とメリットとは

目尻切開は、目の外側を広げて、切れ長の目元にする整形手術です。目尻の切開範囲に、局所麻酔をし、皮膚を切開し切除します。細かなトリミングを行った後、傷を縫い合わせ手術は終了です。この手術のメリットは、左右の白目の外側の部分が隠れている人には非常に有効な手術です。目尻からこめかみまでの距離が長いと、肌の面積が広くなり顔が大きく見えてしまいます。目尻を切開することで、顔全体のバランスを整え、目尻のカーブが柔らかくなることで、優しい目元にすることができます。抜糸は1週間後で、抜糸をした翌日からアイメイクをすることが可能です。目が細くてきつくみられがちな人には特におすすめの整形で、目尻を切開することで、目尻が下がって優しい目元にすることができ、目を大きくすることもできます。

目尻切開手術のデメリットとリスク

目尻切開手術は、目頭切開に次いで多い美容整形手術です。一見簡単そうに思える手術ですが、実際はそんな簡単なものではなく、目尻切開後の経過というのは、思っている以上に大変なことがあります。切開する範囲が狭いため、傷は比較的目立ちにくいというメリットはありますが、結膜浮腫という白目の部分にゼリーのような膨らみが現れることがあります。これは目尻切開を行った際の固定糸による締め付けが原因で起こる症状で、放置していても改善されることは少ないので、糸の固定を解除して早期にリカバリーさせることが必要となります。また、ドライアイや広げた部分のまつげの欠損などのリスクもあります。このように、目尻切開は、メリットだけでなくいろいろなデメリットや問題点を引き起こす可能性もあるということを知っておく必要があります。